800羽の蝶は圧巻!虫と遊べるふれあい昆虫館

文字の大きさ:

小さいお子様は虫が好きですよね。石川県ふれあい昆虫館では、標本、生きた昆虫の展示は勿論、その名の通り展示コーナー「虫とあそぼう」では、生きた虫を直に触ったり顕微鏡で観察できます。虫好きのお子様は大喜び間違いなしです。

 

この館の展示は、①自然の中の昆虫、②昆虫の分布、③昆虫の知恵、④昆虫ウォッチング、⑤チョウの園、⑥生活と昆虫、⑦石川の昆虫、⑧学習コーナー、⑨情報コーナー、⑩生態園のみどり池となっています。

 

何といっても目玉はチョウの園です。ここは一年中常夏の蝶の楽園。沖縄や奄美諸島、与那国島等、本州では見られない、オオゴマダラリュウキュウアサギマダラシロオビアゲハ等、約800匹の蝶が飛び回る中を散策できます。蜜が塗られた帽子を被って、蝶と一緒に記念撮影ができます。こんな体験は中々できませんよ。帽子は自由に使えます。

 

ビオトープ「みどり池」では、受付で貸し出す網で昆虫等を採集し、観察することができます(※後で放してあげましょう)。近くには野外学習舎があり、そこで持参したお弁当を食べて休憩することもできます。

 

お土産コーナーで売られている、蜂蜜寒天ゼリーが濃厚でとても美味しくオススメです。オブラートに包まれている、昔ながらのお菓子です。その他、かわいい昆虫グッズがあります。

 

企画展餌付けショー、普段非公開の飼育室公開等、常に何かしらイベントをやっています。特にGWや夏休み期間は、珍しいイベントがあります。曜日や時間帯が決まっているので、事前にHPをチェックすることをオススメします。

 

1階の休憩コーナーに授乳室があります。ベビーカーと車椅子の無料貸し出しがあり、館内はスロープで見学できます。

 

開館時間は、9時30分~17時(4月~10月)、9時30分~16時30分(11月~3月)です。休館日は毎週火曜ですが、祝日は開館します。ただし、その日以降の最初の平日が休館になります。7月20日~8月31日の夏休み期間、GW中も火曜でも開館します。

 

入館料は一般410円、小中高200円。※こどもの日は中学生以下無料、敬老の日は65歳以上無料です。

 

アクセス方法ですが、北陸自動車道小松ICから約50分(国道157号線の水戸交差点を左折後、約1.5km)、北陸鉄道石川線鶴来駅より徒歩15分です。露天のゆ金閣からは車で25分です。

↑ページ上部へ移動↑