文化勲章受章者 二代 浅蔵 五十吉氏

文字の大きさ:

asakura大正2年(1913)能美群寺井生まれ。小学校卒業後、父親から陶芸一般を修得。昭和3年(1928)初代徳田八十吉に師事、同21年北出塔次郎に師事して、色絵技術を学び、独自の現代九谷焼の世界を作り上げる。素地の表面に浮彫りや盛り上げを施し、線彫りや陶彫を行って彩色した刻彩、収縮率の異なる2種類の陶石の使用によって現れた亀裂の効果を生かして彩色した磁象などの技法を創案し、伝統的な九谷焼に新たな表現方法を生み出した。

また、従来から色釉に一層の工夫を重ね、「浅蔵カラー」と呼ばれる独特の深くて渋い色絵の世界を確立し、独自の作風を確立した。

晩年はプラチナを使った気品あふれる作品を発表した。

昭和21年第1回日展に初入選、以来入選を重ねる。

同27年第8回日展と同30年第11回日展で北斗賞、同32年第13回日展で特選及び北斗賞、同52年改組第9回日展で内閣総理大臣賞を受賞。

同56年には日本芸術院賞を受賞する。

同59年日本芸術院会員就任、平成4年(1992)に文化功労者となり、同8年文化勲章を受章する。

同10年4月死去。

webサイト『石川新情報書府』より
大正2年 石川県能美郡寺井町に生れる
昭和21年 第1回日展「青九谷」水鉢で初入選(以後連続入選)
昭和30年 第11回日展窯変「交歓」花生、北斗賞
昭和33年 第1回新日展無鑑査出品「潮静ナル」花器
昭和37年 第5回日展審査員就任(以後6回)
昭和49年 日展評議員並びに現代工芸美術家協会常任理事就任
迎賓館陳列作品制作依頼され「瑞鳥」飾皿献上
昭和52年 第9回日展内閣総理大臣賞受賞
昭和56年 日本芸術院賞授賞「佐渡の印象」飾皿に対し日本芸術院賞受賞
日展理事に就任
昭和59年 勲四等旭日小綬章
日本芸術院会員に就任
昭和61年 紺綬褒章受章
平成 元年 金沢美術工芸大学各員教授
平成 4年 文化功労者として表彰さる
平成 5年 石川県立美術館に於て終戦以来よりの回顧展開催
平成 8年 文化勲章受章
平成 9年 石川県名誉県民受称
平成 10年 死去。

 

↑ページ上部へ移動↑